第52回(平成26年度)北海道優良米生産出荷共励会開催のご案内

            ◆本年度から新たに「直播栽培部門」を設定いたしました。

            ◆全道各地から多数のご参加をいただきますようご案内いたします。
 

イメージ写真
  • 目 的

      高い生産技術により良質・良食味米の出荷実績を挙げている生産者を表彰し、その取り組みを関係者に広く周知し、北海
        道米の食味・品質向上により商品性を高めるとともに、稲作の経営の安定に資する目的で実施する。

      なお、従来の移植栽培に加え、本年度より、将来に向けた稲作生産基盤確保のために、規模拡大や省力化等に向けた技
        術の確立・普及の必要性を踏まえ、うるち米について「直播栽培部門」を新設する。

  • 主 催
        一般社団法人 北海道米麦改良協会
  • 後 援
        北海道
        北海道農業協同組合中央会、ホクレン農業協同組合連合会
        北海道農産物集荷協同組合
  • 参加資格および手続き
       (1)道内で水稲を作付けする個人・生産グループ・法人を対象とし、原則として北海道の優良品種を全面積作付けしてい
          ること。
          但し、過去3カ年以内の最優秀受賞者は参加資格を有しない。(直播栽培部門への応募は除く)
       (2)この共励会への参加は、市町村米麦改良協会が農業改良普及センター所長と協議の上推薦したものを、地区米麦
          改良協会において選考し推薦する。尚、農業協同組合または北海道農産物集荷協同組合傘下の集荷業者が推薦人
          になることも認める。
       (3)1.優良米生産出荷共励「移植栽培部門」:個人の部
        作付面積(3カ年平均)により次の4部に分ける
        ・第1部:うるち(12.0ha以上)
        ・第2部:うるち(6.0ha以上12.0ha未満)
        ・第3部:うるち(2.0ha以上6.0ha未満)
        ・第4部:も  ち(2.0ha以上)
         2.優良米生産出荷共励「移植栽培部門」:生産グループの部
        栽培技術の取り組みが一致性を有し、圃場管理技術等においても、省力化や品質向上に向けて共同で効率化を
        図っている生産グループ・法人であること。
        作付面積(3ヵ年平均)により次の3部に分ける。
        ・第1部:うるち(50.0ha以上)
        ・第2部:うるち(10.0ha以上50.0ha未満)
        ・第4部:も ち (10.0ha以上)
         3優良米生産出荷共励「直播栽培部門」:個人の部
        直播栽培の作付面積(3ヵ年平均)により次の2部に分ける。(うるち米のみ設定する)
        ・第1部:うるち(12.0ha以上)
        ・第2部:うるち(2.0ha以上12.0ha未満)
         4.優良米生産出荷共励「直播栽培部門」:生産グループの部
        直播栽培の作付面積(3ヵ年平均)により次の2部に分ける。(うるち米のみ設定する)
        栽培技術の取り組みが一致性を有し、圃場管理技術等においても、省力化や品質向上に向けて共同で効率化を
        図っている生産グループ・法人であること。
        ・第1部:うるち(50.0ha以上)
        ・第2部:うるち(10.0ha以上50.0ha未満)
       (4)推薦調書による応募期限は、平成27年1月9日(金)とする。
       (5)大型施設を利用した生産者については施設の最終出荷実績を用いる。
  • 共励項目
       【個人・生産グループの部共通】
       (1)土づくり並びに施肥、栽培管理等
       (2)収量並びに収量の安定度
       (3)出荷成績(1等米・高品質米の出荷)
       (4)クリーン農業等の取組(特別栽培米、YES!clean米等の取組)
       (5)病害虫防除の取組
       (6)経営の観点からの評価(低コスト生産への取組等)
       【個人の部】
       (7)良質米生産のための努力(品質向上への技術的特徴等)
       【生産グループの部】
       (8)生産グループしてのまとまり、目標達成に向けた取組
  • 審 査
       審査は、別に定める審査基準により行うものとする。
  • 審査委員会
       この共励会には審査委員会を設け、審査にあたる。
       審査委員は会長が委嘱し、審査委員長は審査委員会で互選する。
  • 表 彰
       審査の結果、その成績が優秀と認めたものを表彰する。
       委員長が必要と認めた時は、他の機関および団体の表彰を受けることができる。
  • その他
       26年産の「栽培履歴」を必ず添付する。
       尚、この要領に定めない事項については、必要の都度委員長が別に定める。
       また、各賞受賞者の氏名を公表することがある。
  • ※推薦調書用紙(Word形式)は、下記付属のボタンからダウンロードできます。
    「移植栽培部門」:【個人の部】
    ◎推薦調書 ◎推薦調書記載例
    「移植栽培部門」:【生産グループの部】
    ◎推薦調書 ◎推薦調書記載例
    「直播栽培部門」【個人の部】
    ◎推薦調書 ◎推薦調書記載例
    「直播栽培部門」【生産グループの部】
    ◎推薦調書 ◎推薦調書記載例
    ※詳細につきましては北海道米麦改良協会または各地区米麦改良協会へ問い合せ願います。
     (この共励会への参加は、市町村米麦改良協会より地区米麦改良協会へ推薦されたものを、地区米麦改良協会が選考の上、全道の共励会へ推薦頂く流れとなります。)

【参考】北海道優良米生産出荷共励会 最優秀賞受賞者 (過去5年間)

  • ・平成21年度
    個人 第2部  三田村 守夫 氏 (美瑛町)
    個人 第4部  鈴木  博文 氏 (芦別市)
     
    ・平成22年度
    個人 第2部  田中 耕治 氏 (ニセコ町)
    個人 第4部  石井 政行 氏 (倶知安町)
     
    ・平成23年度
    個人 第2部  千徳 信行 氏 (奈井江町)
    個人 第4部  植村 信也 氏 (北見市)
     
    ・平成24年度
    個人 第1部  中尾 克美 氏 (留萌市)
    個人 第4部  小林 繁幸 氏 (遠別町)
    生産グループ 第1部  JA新すながわ「ゆめぴりか」生産協議会 (奈井江町・砂川市)
    生産グループ 第3部  幌加内町もち米生産組合 (幌加内町)
     
    ・平成25年度
    個人 第3部  山田  登 氏 (旭川市)
    個人 第4部  阿部 隆徳 氏 (剣淵町)